武田菜種について

東京に生まれ育つ。
2002年、NYに移り、The New School University にてアートヒストリーを学ぶ。
2004年より、インディペンデントキュレーターとして、日本人作家の紹介活動、又、イタリア人インディペンデントキュレーター、オンブレッタ アグロのアシスタントを勤める。
2005年より、チェルシーにあるイタリア系コンテポラリーギャラリー、エッソギャラリー に、アシスタントディレクターとして、4年間勤務。
自身も、ギャラリー内外にて若手日本人作家を紹介する展覧会を手がけ、又、アート、音楽関係イベントなどの運営のサポートや、DJとしても活動。
2006年より、NYのアート情報誌、The New York Art World® にライターとして所属。(現至)

2009年夏帰国、NYと東京を拠点とする。
Art Basel•VIPリレーションズ日本を担当、又、現在、アソシエイトキュレーターとしてAPT Global (Artist Pention Trust) に所属。

ー NYのギャラリーで働いていた頃、アート鑑賞を目的としてNYを訪れている方などが、ふらりとギャラリーに立ち寄り、アドバイスを求めてくることが多かった。限られた時間の中で、ほんの少し、NYのアートシーンを垣間みることしか出来ず、事前に下調べが出来ていれば、もっと時間を有効に使えるだろうにと、そんな思いが plug in +設立のきっかけとなる。ー